【コスメティック革命】〜あなたのコスメ選びが変わる

アクセスカウンタ

zoom RSS 日焼け止めを知るA

<<   作成日時 : 2012/05/15 13:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

もう初夏を感じさせる陽気になりましたね!


前回の続きです♪
http://tebukuro.at.webry.info/201204/article_1.html


さて、

紫外線を防ぐ成分には大きく2種類あります。


紫外線散乱剤
   &
紫外線吸収剤


今回は散乱剤についてお話します。


紫外線散乱剤は

原料が

「白い粉」
(アヤしい話じゃございません(笑))

で、

酸化チタン
酸化亜鉛

などがこれにあたります。


ずばり

「ミネラル=鉱物」

が原料です。


↓以前ミネラルファンデでもお話しました。
http://tebukuro.at.webry.info/201201/article_4.html


日焼け止めが白いのは

紫外線散乱剤が入ってる証拠です。
(スプレータイプ等透明な日焼け止めには入っていません)


白い粉が肌の上にのっていることで、

鏡のように反射させて紫外線を防ぎます。


ただ肌にのっているだけで、科学的に変化しないので、

肌に優しく刺激もになることもありません。


よく

「ノンケミカル処方」

と書いてある日焼け止めは

紫外線散乱剤のみで処方されているという意味です。


ノンケミカル=無機物

ということですね。



散乱剤で大切なことは


肌に均等に隙間なく粉がついていること


鏡のように反射させるので、

ムラや隙間があると、粉が付いていない部分が焼けてしまうのです。


たっぷりムラなく塗ることが大切なんですね☆


でも

デメリットもあります。


それは・・・

配合し過ぎると顔が真っ白になっちゃうこと!


なので、

紫外線散乱剤だけだと
SPF値を上げることが難しかったんです。


紫外線散乱剤だけで

SPF50とかにしてしまうと


きっと



小梅太夫のように!!!(微妙に古い?!)


なってしまうことでしょう。


↓ちくしょ〜〜(苦笑)
画像







でも、そーはいきませんよね。



確かに昔は小梅太夫張りな

日焼け止めが多く存在していました。


でも、今の日焼け止めは


・白い粉に透明なコーティングしたり
・粒子を細かくしたり、
・少量でも均等にムなく肌を覆うような処方にしたり
・粉っぽさをなくしたり・・・


処方がめっちゃ進化しています。


最近は

紫外線散乱剤だけ(ノンケミカル)

でも、SPF50のものも登場しています。


数年前ではSPF35程度が限界とされていましたが、


技術の進歩ってスゴイですね!


まあ、結論

白い粉で真っ白に覆っておけば

日焼けしない
ということです(笑)


紫外線吸収剤はそんな役割なんですね♪



では、紫外線吸収剤は???


次回はそのお話です。

・・・・・・・・・・・Bへ続く・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜気になるコスメの全成分、有効性を分析・レポートいたします〜
化粧品成分分析サービス
http://www.go-bihada.net/bunseki/


画像
↓Clickしてね↓ にほんブログ村 美容ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日焼け止めを知るA
こんにちは。 ...続きを見る
【コスメティック革命】〜あなたのコスメ選...
2012/05/26 18:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日焼け止めを知るA 【コスメティック革命】〜あなたのコスメ選びが変わる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる