【コスメティック革命】〜あなたのコスメ選びが変わる

アクセスカウンタ

zoom RSS 原液シリーズのからくり。

<<   作成日時 : 2012/01/10 14:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

筆者が(?_?)といたくなる

コスメの一つに

○○原液100%シリーズ

があります。


いっぱいありますよね


・ヒアルロン酸原液
・コラーゲン原液
・エラスチン原液
・プラセンタ原液
・ビタミンC誘導体原液 ・・・etc


前回ちょうどヒアルロン酸の話をしたので、

ヒアルロン酸原液を例にとりますね。


この全成分を見てみると・・・
---------------------------
@製品A
水、ヒアルロン酸Na、メチルパラベン

A製品B
水、ヒアルロン酸Na、メチルパラベン、フェノキシエタノール

---------------------------

あれ?

ヒアルロン酸以外のモノが思い切り入っています。

答えは簡単。


純粋なヒアルロン酸Naは白い粉なんです。


実はこのヒアルロン酸原液に、ヒアルロン酸は1%程度しか入っていません。
(1%でもちゃんとトロみが出るくらいの効果はあるんですけどね)

後、「パラペン」や「フェノキシ〜」の防腐剤も通常1%程度なので。。。


そうすると

ヒアルロン酸原液の

95%以上は水なのです


では、

「原液」
という根拠はなんなのでしょう?


化粧品メーカーは、原料メーカーから原料を仕入れて化粧品をつくりますが、

その原料メーカーが販売しているヒアルロン酸Na自体が

粉ではなく、水に溶かした溶剤だからです。


簡単にいえば、

原料メーカーから仕入れたヒアルロン酸原液を

そのまま小分けして販売しているのです。

これを化粧品並の価格で販売してしまうなんて。。。。

どうかと思ってしまいます。(手抜き?!)


他の原液もそうです。

「コラーゲン」「プラセンタ」「ビタミンC」

も本来100%の原料は


「粉」

なんです。


でもそのままでは化粧品に処方しにくいので、
原料メーカーは溶剤に溶かして原料として販売しているのです。


ちょっと考えればわかることなのですが、

ユーザーを勘違いさせてしまう、おかしなネーミングだと思います。
(ある意味ウマいな〜と感心してしまいますが(笑))



あと、ちなみに


「ヒアルロン酸Na」1%


の化粧水があったとしますよね。

原料メーカーが販売しているヒアルロン酸溶剤が1%含有だとすれば


この化粧水の中に、純粋なヒアルロン酸は

0.01%しか入っていないことになります!

10%入っていて、純粋なヒアルロン酸がやっと1%入っている計算になります。

これは他の成分にも言えることなんですけどね。


原液シリーズが決して悪いとは言いませんが、

やっぱりこのネーミングは消費者を惑わせるものだと思います。


「原液シリーズ」

といっても、過剰な期待は禁物ですよ!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜気になるコスメの全成分、有効性を分析・レポートいたします〜
化粧品成分分析サービス
http://www.go-bihada.net/bunseki/


画像
↓Clickしてね↓ にほんブログ村 美容ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン ウェイファーラー
原液シリーズのからくり。 【コスメティック革命】〜あなたのコスメ選びが変わる/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/03 19:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原液シリーズのからくり。 【コスメティック革命】〜あなたのコスメ選びが変わる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる