【コスメティック革命】〜あなたのコスメ選びが変わる

アクセスカウンタ

zoom RSS 化粧品でたるみは改善するのか?!@

<<   作成日時 : 2011/07/21 16:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久々の更新です。

よく「たるみ用コスメ」という化粧品を耳にしますが、
化粧品で本当にたるみは改善するのでしょうか?!

答えは

「改善しません!!」


何故か?

それは、たるみの大きな原因は

「化粧品が届かない、もっと深い部分」

で起こっているからです。

↓この断面図を見てください。

画像




本来化粧品が届くのは、イオン導入などで頑張っても

「表皮」
「真皮上層(真皮の上の方)」


までです。

そして、その厚さは

・表皮 0.1〜0.2mm
・真皮 2〜3mm


しかないのです。


この部分をどんなに頑張ってケアしても、
ブルドックのようなたるみが治るわけがありません。


そう、たるみの大きな原因はもっと下の

「脂肪層」
「筋肉層」


にあり、


「脂肪層のボリュームが失われる」
「筋肉が衰える」
「繊維組織が老化して組織を支えられなくなる」



ことにで起こるからなのです。


(真皮のコラーゲン等の老化も原因の一つですが、厚さが2〜3mmと考えると
あくまで表面的なたるみであると考えられます)


----------------------------------------

では、たるみ化粧品で

「肌がピンッと張った感じになる」


というのはどうしてでしょう?



一つは

「保湿成分」

です。

保湿成分で肌表面(角層)を潤わすことで、肌がふっくらした印象になります。


そしてもう一つは

「肌表面に皮膜を張る成分で、張った感じを出す」

ことです。


この成分は一般的に、高分子ポリマー等のシリコン系成分が使用されています。


肌に刺激がある成分ではありませんが、

この成分が肌表面に皮膜をつくり、

一時的に肌が張った感じを演出しているのです。
(昔流行った、はがすパックのイメージです)

確かに顔が突っ張った感じになりますよね。


でも、当然顔を洗うと元の状態に戻ってしまいます。


よく

「シワが消えるメイク下地」
(○○スムーサーとか)

などといわれるものも、同じ原理です。


「使い続けると肌にクセがつく」

などと謳ってるケースもありますが、


これでたるみが治ることは、絶対にありません!

シールのように顔に貼ってクセづけするなんてのもありますが、

あれも一緒ですよ!
(発想は面白いですよね(笑))

----------------------------------------

いかがですか?


これでもう、たるみ化粧品に誘惑されることはないですよね(笑)?!

化粧品には「出来ること」「出来ないこと」があります。

これを見極めて、かしこいコスメ選びをしてくださいね♪

----------------------------------------

と言いながらも、

あくまで「たるみ予防」という観点で、

化粧品にできることは2つあると筆者は考えています。


それは次回お話しますね

・・・・・・・・・・・Aへ続く・・・・・・・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜気になるコスメの全成分、有効性を分析・レポートいたします〜
化粧品成分分析サービス
http://www.go-bihada.net/bunseki/


↓Clickしてね↓ にほんブログ村 美容ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
化粧品でたるみは改善するのか?!@ 【コスメティック革命】〜あなたのコスメ選びが変わる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる